デスクワーカーの味方!コンビニで最適な糖質制限食ダイエットの間食はコレ

どうも、デスクワークをしていると間食につい手がのびてしまうツイザワです。
数あるダイエットの中でも糖質制限食ダイエットの「間食OK」の魅力にあります。しかし、糖質が少ない食べ物を探すのに時間がかかったりしますよね。そこで、手軽にコンビニで売っている糖手軽にコンビニで売っている糖質制限食ダイエッターにおすすめな間食を紹介します。

間食してもOKって素晴しい!

カロリー制限によるダイエットだと一日の食べる量に気を使わなくてはいけないですよね。お腹いっぱい食べたいのに食べる事がNGなことにストレスを感じてしまいませんか。

ところが、糖質制限食ダイエットは適量の「間食OK」なんです。ブラボー!
間食は糖質が少ないものを選ぶことが大事です。
特にデスクワークをしているとコンビニでつい間食をしてしまいます。

いちいち糖質の少ない食品を選ぶことってメンドクサイと思いますので、自分が実際、糖質制限食ダイエットをしている時に食べていたものを紹介します。
自分の趣向が(かなり)入ったものになっていますが、是非参考にしてみて頂けたらと思います。

小腹が減ったときに

セブンプレミアム ミックスナッツ 46g(150円)セブンイレブン

セブンプレミアム ミックスナッツ 46g(150円)セブンイレブン

【1袋当たり】エネルギー 293kal、たん白質 8.2g、脂質 25.4g、糖質 5.7g、食物繊維 4.2g、 ナトリウム 92mg

基本的に小腹を満たすための間食は、炭水化物が多く含まれてるものが多い。
そのコンビニの中に炭水化物が少ないナッツ系がオススメ。ナッツ系の中でもジャイアントコーンは炭水化物が多いので、注意

ベビーチーズ(126円)ローソン

ベビーチーズ(126円)ローソン

【1個当たり】 エネルギー 49kcal、たんぱく質 3.07g、脂質 4.04g、炭水化物 0.20g、ナトリウム 163m、カルシウム 91mg

チーズは何でも炭水化物が少ないので、マストアイテム。

味付き半熟 ゆでたまご(68円)セブンイレブン

味付き半熟 ゆでたまご(68円)セブンイレブン

【1個当たり】エネルギー 66kal、たん白質 6.0g、脂質 4.4g、炭水化物 0.6g、ナトリウム 224mg

糖質は極端に少ないので良いのだが、業務中の間食という意味では殻を向く必要があるので、恥ずかしいかな。慣れれば問題ないのだけれども。。。

ほんのりグレープフルーツ炭酸水 500ml(88円)セブンイレブン
ほんのりレモン炭酸水 500ml(88円)セブンイレブン

ほんのりグレープフルーツ炭酸水 500ml(88円)セブンイレブン、ほんのりレモン炭酸水 500ml(88円)セブンイレブン

グレープフルーツ炭酸水
【100ml当たり】エネルギー0kal、たん白質 0g、脂質 0g、炭水化物 0g、ナトリウム 0mg

ほんのりレモン炭酸水
【100ml当たり】エネルギー0kal、たん白質 0g、脂質 0g、炭水化物 0g、ナトリウム 0mg

各社から炭酸水が出ているが、このセブンイレブンの「ほんのりグレープフルーツ」と「ほんのりレモン」は美味しく、炭酸水はコレと決めている。他のメーカーから出ている味付きの炭酸水は、香料が強くてあまり美味しく感じられない。

イオングループのプライベート商品の炭酸水もどうぞ。

甘いものが食べたいときに

寒天ゼリーカロリー0 ぶどう味 250g(98円)セブンイレブン

寒天ゼリーカロリー0 ぶどう味 250g(98円)セブンイレブン

【100g当たり】エネルギー 0kal、たん白質 0g、脂質 0g、炭水化物 0.6g、ナトリウム 21mg

寒天ゼリーカロリー0 みかん味 250g(98円)セブンイレブン

寒天ゼリーカロリー0 みかん味 250g(98円)セブンイレブン

【100g当たり】エネルギー 0kal、たん白質 0g、脂質 0g、炭水化物 0.6g、ナトリウム 48mg

甘いものが食べたくなったら、これを食べる。
なんといっても250gなので、かなりお腹が満足する
個人的な好みだが、ぶどう味の方が味が濃く感じられるので好きだ。

リカルデント ライムミント(120円)

リカルデント ライムミント(120円)

【8粒11g当たり】エネルギー 18.3kal、たん白質 0g、脂質 0g、炭水化物 7.5g、ナトリウム 3.1mg、糖類0g

粒ガムの中でも炭水化物が少ないので、ガムを食べるときはこれを選んでいます。
他のスティック状の粒ガムは14粒のところ、リカルデント8粒と内容量は少ないけどダイエット中では丁度良い。

栄養成分表示から糖質の量を調べる

糖質の量を知るには、食品ラベルの栄養成分表示をみれば良いが、糖質量がそのまま表示していることは少ないです。栄養素としては「炭水化物−食物繊維=糖質」になります。

糖質制限食ダイエットからの視点でコンビニ食品を見てみると、炭水化物が多く含まれたものが多すぎると感じませんか。おにぎり、菓子パン、スナック、チョコ、飴など。
しかし、その中でも炭水化物の少ない食品を探していくと、おつまみ類が間食に最適であると気がつきます。

業務中にチーズ、ナッツ、イカ、小魚など、ポリポリ食べてると周りの視線を何か感じると思いますが、慣れちゃいましょう。

この糖質制限食ダイエットは、カロリー制限と違って空腹との戦いがないので、すごい楽だと思います。特に食べることが好きな自分には、一番相性の良かったダイエット法だったなと改めて思いました。

是非、糖質制限食ダイエットをやっている方で何食べて良いか迷っている方は、これを参考にしてもらえたら幸いです。

糖質制限食ダイエット記事はこちら

シェアボタン

おすすめ記事

関連記事