糖質制限食ダイエット中でも炭水化物を摂って良い理由

どうも、何度目か忘れたけど糖質制限食ダイエット実践中をしているトウシツザワです。
「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」で炭水化物には摂って「良い炭水化物」と「悪い炭水化物」があるとのことでした。「良い炭水化物」ってどんな炭水化物でしょうか。

その健康情報に正しいエビデンスはあるか?

最近特に感じるのだが、テレビ番組のゴールデンタイムはほぼ毎日、健康情報番組(特にダイエット方法の紹介)が頻繁に放映されている。

最近、糖質制限食でのダイエットを始めた自分にとって健康の意識があるので見てみるのだが、常に色々な食材や方法論など取り上げられていてホントかなと思う部分があったところに書籍「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」を読む機会があった。

そこには、テレビ番組の健康情報や健康本に対しての情報は間違っている、もしくは健康になるという観点からはそれほど重要ではない情報をあたかも重要で効果があるかのようにうたっているという点が問題であると指摘をしている。

著者は医師であり、医療政策学を専門としているカリフォルニア大学ロサンゼルス校助教の津川 友介先生。

津川 友介先生は、こういった健康情報にはエビデンス(科学的根拠)に基づいておらず個人の経験にもとづくものであり他の人にもうまくいく(健康になれる)とは限らないと述べられている。

また、「〇〇が健康に良い」という情報はその商品の売上に大きな影響力を持つためマーケティングの一環として流される側面もあると示唆している。

たしかに昔、学生の頃から「〇〇が健康に良い」とテレビで紹介された商品は次の日スーパーの棚から商品がなくなっていたことに驚いた記憶がある。

その中でエビデンス(科学的根拠)にもとづく健康情報を実践した場合、一個人の経験談より健康で長生きできる確率は格段に高くなると考えられるとのことか本書ではエビデンスベースで説明されている。

「良い炭水化物」と「悪い炭水化物」

著者は、糖質制限食ダイエットが行う炭水化物なら何でも減らすべきという考えは間違えだと指摘している。

精白されている「白い炭水化物」は、血糖値を上げ、脳卒中や心筋梗塞などの動脈硬化による病気が起こるリスクを高める可能性があることが、数多くの研究から報告されている。その一方で、玄米のように、精製されていない「茶色い炭水化物」の多くは食物繊維や栄養成分を豊富に含み、肥満や動脈硬化のリスクをむしろ下げると言われている。つまり、全ての炭水化物が悪者なのではなく、どんな炭水化物を食べるかで健康に関しては逆の効果があるのだ。

つまり健康に「良い炭水化物」とは玄米、全粒粉、大麦、オート麦といった精製されていない「茶色い炭水化物」であり、健康に「悪い炭水化物」は白米、小麦粉(パン、パスタ、ラーメン)などの精製された「白い炭水化物」である

糖質制限食ダイエットの実践者である自分が一番印象に残っている部分だ。
糖質制限食では、ここで述べている「良い炭水化物」と「悪い炭水化物」もカットすることで脂肪を燃焼させる身体に変えていくようにすることだ。たしかに炭水化物をカットすれば簡単に体重が落ちる。しかし、体重を落とす目的は、ただ体重の数値を下げることではなくて健康になることだ。

いままで、炭水化物は糖質制限食ダイエッターにとっては悪だと考えていたが、食物繊維や栄養成分を豊富に含んでおり、肥満や動脈硬化のリスクを下げる健康に良い食べ物だと理解したので、今のダイエットに取り入れていきたい。

「白い炭水化物」を摂るリスクは、動脈硬化、糖尿病の可能性が高まり、死亡率も高くなってしまうとので、日常生活にあふれている「白い炭水化物」を摂ることの怖さを知ることになった。

本当に健康に良いものは本当にシンプルだった

科学的に証明された健康に良い食品は、下記の5つにあたる。
これらはがんや脳卒中などの病気になりにくく、長生きできるエビデンスが多数存在しており、結果が覆ることが考えにくいと述べられている。

  1. 野菜と果物(フルーツジュース、じゃがいもは含まない)
  2. 茶色い炭水化物
  3. オリーブオイル
  4. ナッツ類

逆に健康に悪いと考えられているには下記の3つになっている。

  1. 赤い肉(牛肉や豚肉のこと。鶏肉は含まない)
  2. 白い炭水化物
  3. バターなどの飽和脂肪酸

これらのシンプルな食品たちを頭に入れておきたい。
自分たちは毎日の食事の選択によって病気になったり健康になったりするので毎回何を食べれば健康になるだろうかということを真剣に考えながら口に運ぶ必要がある。

まとめ.その方法に根拠はあるか

テレビでやっている健康番組は、視聴率優先のためどうしてもキャッチー(すぐに・簡単に・誰でも・これだけで!)で視聴者の目を引こうとする。自分も目を引かれた一人であるが。。。
中にはデタラメな情報、間違っている情報もあるという。

エビデンスがあるか否かでその情報の価値を決めていきたいと思った。エビデンスを調べるためにネットで正しい情報を取得する方法もあるのでとても参考になるかと。

いま、糖質制限食ダイエット実践中ですが、2ヶ月で10kg減になっているが、(3ヶ月後の結果を記事に書きたいと思います。)さらに健康的に痩せるために健康に良いエビデンスがある食品を取り入れながら、自分に合ってる合っていないを自分の身体で判断していきたいと考えている。

書籍は「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」は今まで健康に良いだろうと思っていた食品がみごとに覆されているので、無知で健康に悪い食品を摂り入れないために読んでおきたい一冊である。

まずはこれから試してみてはどうだろう。

シェアボタン

おすすめ記事

関連記事