糖質制限食ダイエット中に最適なガムはあるの?

どうも、糖質制限食ダイエットをまた飽きずにやり始めているトウシツザワです。
今回はダイエットアイテムとしてガムを取り入れたいと思うのですが、ガムって糖質制限食ダイエットに良いの?太るの?という悩みがあります。
そこでガムに含まれている糖質とダイエットに適しているガムをまとめてみました。

糖質と糖類の関係性

糖質制限食ダイエットは、言葉通り糖質を制限することで勝手に痩せる体質を作るダイエット法である。

もう少し詳しく書くと、人は体内に糖質が入ることで血糖値を上げて活動のためのエネルギーを生み出す。糖質を摂りすぎて消費出来なかったエネルギーが体内の脂肪に変わってしまう。これが太る原因です。

糖質制限食ダイエットは糖質との付き合い方が大事です。
ここで糖類ってなに?ってなってくる。
糖質と糖類って同じなの?

ガムの栄養成分表示欄に「糖類」って書かれていますよね?

糖質制限食ダイエッターの自分がいままで糖類のことがわかっていませんでした。。。
糖類は糖質の関係性をまとめましたので図にしてみました。

上記の図をみると糖類は糖質の一部ということがわかります。

糖類って太るの?

糖類にはぶどう糖や果糖、砂糖などが分類されており、これは急激に血糖値を上げすばやくエネルギーを作り出す。つまり太りやすい。
よって糖質制限食ダイエットをやっている時には糖類0gを選びたい。

ここで問題なのが、糖類0gであっても糖質0gではないということです。
ガムに食物繊維が多く入っていると思えないので、炭水化物がそのまま糖質と考えてよいだろう。

また、虫歯の原因にならないガムの甘味として使われているキシリトールは糖アルコールになっておりが、このキシリトールは血糖値を上昇させてしまいます。

肝腎の血糖値を上昇させるか否かですが、エリスリトール以外の糖アルコールは、砂糖の約半分程度血糖値を上昇させます。
よく、「糖アルコールは血糖値を上昇させない」との記載がみられますが間違いです。

よって糖質制限食ダイエットに適しているガムは炭水化物が低く糖類0gでかつキシリトールが含有量が少ないものを選ぶと良いだろう。

糖質制限食ダイエットに適しているガム

上記でも述べたが大事なので二回言います。
糖質制限食ダイエットに適しているガムは炭水化物が低く糖類0gでかつキシリトールが含有量が少ないものを選ぶと良い。

コンビニで売っているガムのほとんどが糖類0gであるが、キシリトールが含まれているものがほどんど。その中でもリカルデントガムシリーズが適していると思います。

リカルデント グレープミント味

8粒当たり 熱量 18.6Kcal、たんぱく質 0.06g、脂質 0g、炭水化物 7.3g、ナトリウム 4.4mg、糖類 0g、関与成分CPP-ACP 9.8mg、キシリトール 0.3g

1粒当たりの炭水化物 0.91g、キシリトール 0.04gです。

リカルデント さっぱりミント味

2粒当たり 熱量 4Kcal、たんぱく質 0.02g、脂質 0g、炭水化物 1.8g、ナトリウム 0.8mg、糖類 0g、CPP-ACP(Caとして)2.5mg、キシリトール 0.08g

1粒当たりの炭水化物 0.9g、キシリトール 0.04gです。

リカルデント ジューシーピーチミント味

2粒当たり 熱量 4Kcal、たんぱく質 0.01g、脂質 0g、炭水化物 1.8g、ナトリウム 1mg、糖類0g、CPP-ACP(Caとして)2.5mg、キシリトール 0.07g

1粒当たりの炭水化物 0.9g、キシリトール 0.04gです。

ちなみに、コンビニによく見られるロッテの「キシリトールガム」の成分は炭水化物 1.11g、キシリトール含有量は0.5gになっています。
炭水化物、キシリトール含有共にリカルデントの方が低い。

まとめ.ガムは適度にしましょう。

「糖類」と「糖質」の関係性が理解したところ「糖アルコール」にも太る原因(血糖値を上げる)があることがわかった。

リカルデントはキシリトール含有量が低いことがわかり自分もガムはリカルデントガムを食べています。
しかし、大量にガムを食べると糖質制限食ダイエットにはならないので適量を考えましょう。ちなみに、自分は1日4粒程度にしています。

ダイエットとは関係ないのですが、リカルデントのCPPーACP成分には初期虫歯が治りやすい効果があるそうですね。

むし歯の始まりである脱灰を抑制し、再石灰化及びその部位の耐酸性を増強するCPP-ACPを配合しているので、歯を丈夫で健康にするのに役立ちます。

体重を落としつつ、歯のメンテナンスできるので一石二鳥ですね。

参考文献

糖質制限食ダイエット記事はこちら

シェアボタン

おすすめ記事

関連記事