配色が面白くなる!イケてる「Adobe color」が凄い!

どうも、Adobeのに会員になっており毎月の課金でカツカツしているカツザワです。
有料のCreative Cloud メンバーシップに加入していますが、いまいちフル活用しきれていないなぁと思っていたところ、無料で使うことができるとてもイケてるサービスに出会ったので紹介しちゃいますよ。

Adobe Color CCとは

adobe-color-image01
Adobe Color CC

ひとことで言ってしまうと配色パターン作成サービスです。
Webブラウザー上で写真画像を取り込むと色の抽出できます。また、抽出した配色パターン(以下テーマと呼びます)を保存し、一般公開もできる仕様になっています。

さらにiPhoneアプリも公開されていて、iPhoneアプリから取り込んだ配色パターンをWebブラウザー上でも共有できるようになります。
以前は「Adobe Kuler」というサービス名で公開されていましたが、名称が変わりちょっと使い易くなったので凄い!ところを紹介します。

カンタンに写真からテーマの抽出が凄い!

adobe-color-image02

まずは、テーマを保存できるようにAdobe IDでサインインしておきましょう。
Adobe IDが無くても無料で[アカウント作成]できます。

「写真から画像」をクリックして写真を選ぶと自動的に色が抽出されテーマが作成されます。
自分で抽出のポインターを動かすことが可能なので、気になった色を調べられる。

しかも「カラームード」のところからイメージに合った色を自動的に選択してくれるから配色が苦手はデザイナーにとっては有り難いですね。

iPhoneアプリでも色の抽出が凄い!

adobe-color-image03
Adobe Color CC – カラーテーマを取得

自分の気になったデザインの色や配色をいつでもどこでもWebブラウザー上と同じように色を抽出してテーマを作成することが出来ます。

iPhoneアプリで作成したテーマは共有されWEBブラウザーの方でも見ることができます。
これが無料なんて驚きますね。とりあえず、ダウンロード必須なアプリではないでしょうか。

街に繰り出して気なる雰囲気を撮影してドンドン色を取り込んで自分の引き出しにストックしてみては。自分はデパ地下のスイーツコーナーに行って撮っています。
特にマカロンの色の発色が強いスイーツの詰め合わせとか、参考になりますね。

テーマをPhotoshopで使えるので凄い!

自分で作成したテーマや他の人が公開されているテーマを取り込んで使うことができちゃいます。

下記の2つの方法でできます。

ダウンロードして取り込む

adobe-color-image04

テーマをダウンロードするとASE(Adobe Swatch Exchange)ファイルになっています。
PhotoshopやIllustratorなどのアプリケーションにスウォッチとして取り込むことができます。
ASEファイルをドラッグ&ドロップすると使用することができます。

アプリ内からテーマ検索して取り込む

adobe-color-image05

PhotoshopのIllustrator(ともにバージョンCS)のメニュー「ウィンドウ」→「エクステンション」→「Kuler」からパネルを開くことができます。

ちなみにバージョンCC2014の場合は、Adobe Add-onsというオンラインで拡張機能を追加しないと行けませんでした。個人的には、最初からメニューに入っていた方がメンドくさくなくて良いのですが。

まとめ

これまで配色パータンを抽出するソフトやサービスを使ったりしましたが、「Adobe color」が使いやすくて、スマホ、Webブラウザーと同期ができる使い勝手が一番かなと思いますね。

adobe-color-image06

また、Webデザイナーとしての使い方としては、Webサイトをデザインの配色パターンを知りたい時に使ったり便利でいいんじゃないでしょうか。

無料なので、一度使ってみてほしいオススメのサービスです。

Adobe Color CC – カラーテーマを取得

無料
(2015.03.10時点)
posted with ポチレバ

シェアボタン

関連記事