秀逸なUIデザインでパソコンとスマホで同期するテキストエディタ「Writebox」がイケてる!

どうも、メンドクサイ事はひらりっとかわしてラクな道に行きたがりのヒラサワです。
パソコンで、スマホでメモしたい時って、どんなツールを使っていますでしょうか?
数多くあるテキストエディタの中からニシザワがシンプルすぎて便利すぎて泣けてくるテキストエディタ「Writebox」を紹介します。

テキストエディタって色々あるけれど、、

パソコンのソフトやスマホのアプリを含めると数え切れないほど多くのテキストエディタがあってどれを使ってよいか悩んでませんか?

ニシザワは手軽にメモとれて、ブログ記事がテキストベースで書くことができるエディタがあったらいいなぁと思ってました。

数多くあるエディタの中からいちいち試してみるのもメンドクサイし、時間もったいないし、、と思っていました。

そんな中でシンプルすぎて便利すぎて泣けてきたUIデザインが秀逸な「Writebox」を紹介します。

シンプルすぎるUIデザイン

まず、パソコンで「Writebox」を開いてみる。
writebox-image01

シンプルに、ただ文字を打ち込むことだけ。
上部のメニュー欄がフェードアウトするので気持ち良く文字を打つを打つ事ができます。

最初は、表示されっぱなしの上部メニュー。キーボードを打ち込むことで消える動作とか、ちょっとしたことであるがUIデザイン上、気持ち良く使えるのでとても大事だと思う。

話がそれてしまってすいません。

writebox-image02

自分の好みによってフォントと文字色と背景色を変更することができます。

また、行間やテキスト入力幅の変更もすることができるので、自分の使いやすいようにカスタマイズできるのはポイント高いですね。
また、この変更するトコロとか一目で理解できちゃうデザインが秀逸だと思います。

ユーザーに理解されないと即離脱する傾向が多くあるそうです。
WEBサービスでもアプリでもすぐに理解できることがこの情報過多な時代に大事なことだと思います。

あっ、話がそれました。次行きましょう。

便利すぎるパソコンとスマホの同期

打ち込んだテキストは「Dropbox」か「Google Drive」に保存することができます。
最初にログインしておけば、ショートカットキー(コマンド+S)で上書き保存となります。

writebox-image03

これで、どんなパソコンからでも続けてテキスト入力することができます。

また、iPhone、Android共にアプリがあるので、スマホからでも快適に記入できます。

writebox-image05

自分はiPhoneユーザーですので、iPhoneアプリを使っています。
アプリもUIデザインがされており、こちらも実に素晴しい。

writebox-image06

左右のアイコンからメニューが左右に表示されるので、入力するときの邪魔にならない

ブログのライティングツールに使ってます。

さて、自分はこのエディタを使ってどう活用しているかというとブログの記事を書く時に主に使ってます。
一時期、モブログ(モバイルでブログ)をやろうとしたが、覚えることが多すぎて断念してしまいました。

テキストを打ち込むだけなので、シンプルかつパソコン、スマホを使ってどこでもブログを書けるというのは自分にとって重要です。

しかも、HTMLファイルに保存するとHTMLタグが付いてくるので、そのままWordPressに貼り付けすることもできます。
下の画像はWriteboxのプレビュー画面に切り替えたもの。ちゃんとHTMLタグが表示できている。

writebox-image04

まとめ

今後、色々なテキストエディタ含め新しいサービスが展開されると思いますが、現状はこの「Writebox」が使いやすい。

デザイナー目線でみてもこのUIデザインは直感的に操作が理解できるので、一度使ってその秀逸なデザインを体感してみてはいかが?

iPhoneアプリ

Writebox

200円
(2014.01.15時点)

App Store

posted with ポチレバ

Android アプリ

Writebox
Kazuhiro Shibuya
価格:¥200
平均評価:4.0(8 件)

シェアボタン

関連記事