無料なのでやってみた!「Twitter Flight School」で戦略的な活用を学んでみよう

どうも、毎日Twitterのフォロワーの増減に一喜一憂しているフォロザワーです。
毎日、無意識にTwitterアプリを開いていますが今後企業のお手伝いするために戦略的な使い方が学びたいなと思っていた矢先、Twitter社からオンライン学習プログラム「Twitter Flight School」が開始されました。体験してみた感想を述べてみたい。

やっと一般向けに開始された「Twitter Flight School」

twitter-flight-school-image01

「Twitter Flight School(ツイッターフライトスクール)」とはTwitterの基本情報や広告の活用法を学ぶことができるオンライン学習プログラムサービスです。

すでに2014年にアメリカでサービス開始されており、2015年に日本では広告代理店向けに展開されてからやっと2016年1月18日に一般向けに開始された。

本家Twitter社のTwitterの正しい知識を学べるので、仕事で使う人はこれから学ぶといいかも。無料だしね。

学習開始までの手順

始める前にさくっと簡単に流れを紹介してみましょう。

まず、「Twitter Flight School 」からTwitterアカウントで「受講者の情報」を入力します。
「メールアドレス」はフリーメールだと登録されないみたいですね。。。

twitter-flight-school-image02

「フライトパスの選択」で自分が学びたいコースを選択。
この画面の説明だけでは、分からないのでクリックすると詳細画面が出てきますので自分に合った項目を選択。

twitter-flight-school-image04

UIデザインされている学習インタフェース

学習画面を開いてみると、一般的なオンライン学習サイトと違うUIデザインが目を引く。
まぁ、学習するのにデザインが最優先ではないものの、気持ちよく使えるのはいいことだ。

twitter-flight-school-image05

twitter-flight-school-image06

学習スタイルは、事例の紹介や途中に小問題があり、考えながら進めていくことが出来ます。

twitter-flight-school-image07

進行状況は同期されており、PC以外にもスマホやタブレットでも学習することが出来ます

twitter-flight-school-image08

コースを終了すると、コンテンツ終了ツイートが出来ます。

twitter-flight-school-image09

また、印刷できる証明書とメールの署名やLinkedInプロフィールに追加できる認証バッジ画像がダウンロード出来るようになっています。

まとめ

今回は、「戦略立案およびメディアプランニング」のコースのみの感想ですが、ビジネス向けであってTwitterの活用をより深いところまで学ぶことができる。

趣味でしか使っていなかったので、Twitterのビジネス的な側面に触れることができたのは良かったし、ブログや他の学習コンテンツでは学ぶことができない戦略的な活用方法がこのプログラムにはありました

また、学習する以外にもクライアントのプレゼンテーションにも使えるデータやツールの情報などもあり、ビジネスに使えるようになっている。
広告主用にTwitterで広告を出しましょうという意図も含まれているが、Twitterを活用したいと思う方には参考になる部分が多くあるので興味があるかたは、やってみてはいかがでしょうか。

参考文献.Twitter Flight Schoolについて

シェアボタン

関連記事