五輪エンブレム問題でデザインにおけるコミュニケーションについて考えてみる

どうも、「いやぁー、デザインっって本当に素晴らしいものですね」と言ってしまいたくなるニシノハルオです。
先日、五輪エンブレム問題で制作されたアートディレクター・佐野研二郎氏が盗作疑惑について会見されていました。そこで作り手や関わる人たちの想いが垣間見れたような気がしましたので、述べてみたい。